TOPICS

Yahoo! JAPAN

公害防止は人の健康と地球の健康のために

私の体にも息子の体にも悪い受動禁煙、健康を害する公害タバコ

公害防止は人の健康と地球の健康のために
いつまでも健康であり続けたいと思うのは誰でも同じだと思います。
私も健康で病気をしないように気をつけていますが、なかなか思うようには行かないものです。

40歳をまわってからというものどうにもこうにも体調が悪いです。

朝は起きられないし、体が一日中だるいし、常に疲れている感じです。

また良く風邪をひきます。
風邪をひくと咳だけがいつまでも直りません。咳がでるのにも関わらず、私はタバコを吸います。
咳がでるんだから吸わなければいいのに、何故かイライラしたり、ストレスが溜まっていたりしてつい吸ってしまうのです。

息子にもよく言われます、タバコは止めたほうがいいよと。

タバコって受動喫煙もあるんですよね、タバコを吸っていない周りの人が吸い込んでいること。息子のためにも止めたほうがいいと分かっているんですが。息子は気管支喘息で通院しています。
3歳の頃からなのでもう10年以上です。

気管支喘息の子は、慢性的に気管支に炎症が起こって咳が出始めます。
いろいろな要因がありますが、タバコも気管支喘息にはよくありません。これって息子にとっては公害のなにものでもありません。たった一人の息子の健康を母親の私が悪くしてしまったらどうしようといつも思っています。
この公害を止めようと努力したこともありますが、3日もするとどうしても我慢できなくなってまた吸ってしまいます。
世の中からタバコが無くなれば必然的に止めれるだろうと思いますが、禁煙治療に行くのもなんだか憚られて行く気にもなりません。健康を損なうタバコは人に迷惑をかける公害だと自分に言い聞かせて、少しづつでも減らしていけたらと思っています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 公害防止は人の健康と地球の健康のために All Rights Reserved.